眼科

眼科について

眼科領域全般について医師3名、視能訓練士2名で診療にあたっています。総合病院の眼科として重篤な全身合併症を抱える患者さんでも、他科との連携がとりやすいことは大きなメリットです。なお当院で対応困難な疾患については、大学病院等にご紹介させていただいています。

診療内容

角膜疾患

角膜潰瘍の重症例は入院治療を行っています。

白内障

高齢で全身疾患を有する患者さんが多く入院手術を行っています。通常片眼3泊4日の入院です。最近では認知症等で全身麻酔が必要な患者さんの手術が増加しています。

緑内障

点眼治療が主体ですが、必要に応じ手術も行っています。

網膜硝子体疾患

加齢黄斑変性、糖尿病黄斑浮腫や網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する抗VEGF薬の硝子体注射が増加しています。硝子体手術は黄斑前膜、黄斑円孔、裂孔原性網膜剥離、増殖糖尿病網膜症などに対し行っています。

斜視・弱視

専門外来を設けベテランの視能訓練士とともに診療しています。斜視手術は通常全身麻酔で行っています。

診療実績

外来担当医表

新患・再来 池邉 徹いけべ とおる
山田 喜三郎やまだ きさぶろう
日野 翔太ひの しょうた
手術日
予約のみ
池邉 徹いけべ とおる
山田 喜三郎やまだ きさぶろう
日野 翔太ひの しょうた
手術日
予約のみ
池邉 徹いけべ とおる
山田 喜三郎やまだ きさぶろう
日野 翔太ひの しょうた

【専門外来】
◆特殊検査・治療:水曜日 13:30~(要予約)
◆斜視・弱視外来:木曜日 8:30~(要予約)◆乳幼児外来:金曜日 13:30~(要予約)

スタッフ紹介

部長 池邉 徹

  • 日本眼科学会 専門医

副部長 山田 喜三郎

  • 日本眼科学会 専門医
  • 眼科PDT研究会 認定医
  • 日本眼科学会 指導医
  • 大分県医師会 臨床研修指導医

後期研修医 日野 翔太