患者さんの権利と責務

患者さんの権利と責務

患者さんの権利

1.全ての患者さんは、平等に最適で安全な医療を受ける権利があります。
2.個人として常にその人格や価値観などが尊重され、診療上の個人情報は保護される権利があります。
3.自己の病気や治療などについて、必要な情報や納得できる説明を受ける権利があります。
4.十分な情報提供や説明を受けた上で、医療を選択できる権利、また、拒否する権利があります。
   また、拒否したことにより、不利益を被ることなく、医療を続けられる権利があります。
5.診断や治療方法について、他の医療者の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます。

患者さんの責務

1.ご自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供する責務があります。
2.適切な医療が受けられるように積極的に協力する責務があります。
3.他の患者さんへの医療提供や医療従事者の業務に支障を与えないよう、病院の規則等を守り、他の患者さんが適切な医療を受けられるように配慮する責務があります。
4.医療費の請求を受けた時、遅滞なくお支払いいただく責務があります。

※治療の妨げになったり他の患者さんに迷惑をかけるような行為や職員の業務の妨げになるような行為があった場合には、診療をお断りすることや警察へ通報することがあります。

大分県立病院では、「セカンドオピニオン外来」を行っています。