診療支援センターについて

入退院支援

急性期医療を担う県立病院としての役割

大分県立病院は急性期医療を担う地域の基幹病院です。

県民医療の基幹病院として主に周産期医療・小児医療・がん医療・救急医療・感染医療・災害医療など政策医療を担っております。救急で搬送が必要な患者さんや緊急入院が必要な患者さん、他の医療機関からの紹介で手術や精密な検査、重症で緊急の集中治療が必要な患者さんを迅速に受け入れ、急性期医療を行っております。

当院で専門的な医療が終了し症状が安定した患者さんは、安心・納得してご自宅や地域に帰れるよう、入院前より退院に向けた支援を行っております。

病状により自宅に帰れない場合は、できる限り患者さんのご希望に沿った病院、医院をご紹介させていただきます。

同様に、外来患者さんにつきましても、病状が安定されましたら、お近くの医院をご紹介させていただきます。

入退院支援専任職員の主な役割

  • 予約入院となる患者さんが安心して入院生活を送れるように、入院前から専任の看護師をはじめ、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなど多分野の専門職が関わり、患者さんの診療を支援します。
  • 事前に患者さんの状態を把握し、入院に対する不安の解消を目指します。また、病棟看護師とも連携をとり、患者さん一人ひとりにあった入院治療および看護が提供できるように努めていきます。
  • 患者さんが住み慣れた地域で安心して生活が送れるように、各病棟に退院支援専任職員を設置しています。退院後、不安なく療養できるように、主治医、病棟の看護師、地域の医療・福祉関係者とともに支援をします。