病院概要

中期事業計画

中期事業計画について

大分県病院局では、平成27年3月に平成27年度から30年度までの「第三期中期事業計画」を策定しています。大規模改修工事の事業費の増加や本県の長年の懸案だった県立精神科が当院に併設されることに決定したことなど、今後の経営を含めた病院運営に大きな影響が生じることが見込まれます。

今後も引き続き本計画に定められた目標の達成に向けて、全力を挙げて取り組み、県民の期待に応えていきたいと考えております。

計画の詳細は、以下のPDFファイルをご参照ください。

 

「大分県病院事業中期事業計画」に関する評価について

中期事業計画の計画期間において、地方公営企業法第3条の経営の基本原則にあるように、常に企業の経済性を発揮するとともに、その本来の目的である公共の福祉を増進するように運営するため、計画性・透明性・柔軟性をできる限り取り入れ各事業年度にかかる業務の実績に対する評価を行い、これを公表することとしています。

評価に当たっては、「大分県病院局中期事業計画等評価基本方針」に基づき、毎年、病院局の経営について、外部有識者を交え、評価検証している大分県病院事業経営改善推進委員会において、「大分県病院局中期事業計画等評価実施要領」に従って行っています。

事業年度評価については以下のとおりです。