病院概要

理念と基本方針

基本理念

大分県立病院では、県民医療の基幹病院として、新しい時代に対応した質の高い医療を提供するため、「奉仕、信頼、進歩」の三つの基本理念を掲げ病院運営を行っています。

奉仕

医療は常に患者さんを中心とし、医療従事者は患者さんに対する絶え間ない「奉仕」を基本姿勢とします。

信頼

患者さんと医療従事者の「信頼」関係の上に、また職場間の「信頼」関係の上に理想的な真の医療を目指します。

進歩

日進月歩の医学に対しては、常に「進歩」し続けていく姿勢で臨み、質の高い医療を目指します。

基本方針

1.患者さん本位の医療の提供に努めます。

  • 患者さんの権利を遵守します。
  • 患者さんに対する十分な説明と同意のもとに医療を提供します。
  • 患者さんの負担軽減に努めます。
  • 診療情報の管理を徹底するとともに、適切に開示します。

2.安全管理の徹底に努めます。

  • 施設・設備を適切に管理運用します。
  • 安全で安心できる科学的根拠に基づいた医療を提供します。
  • チーム医療を推進します。
  • 安全教育を強化します。

3.基幹病院としての使命を果たします。

  • 高度・専門、特殊医療に取り組むとともに、救急医療の更なる充実に努めます。
  • 病病・病診連携を強化します。
  • 基幹災害医療センターとして、災害時医療救護体制の充実に努めます。

4.医療の質の向上に努めます。

  • 臨床研修機関として優秀な人材を育成します。
  • 研究、研修及び教育の機会を拡充します。
  • 最新の医療技術の修得に努めます。

5.経営基盤の確立に努めます。

  • 安定した経営基盤を確立し、継続的な県民医療の提供に努めます。
  • コスト削減に努めます。