初期研修医について

初期研修医の一日 その2

腎臓内科所属 川原先生の一日

6:45 起床

7:30-8:00 電子カルテで患者さんの状態をチェック

8:00-8:30 朝の回診

上級医とともに病棟の患者さんを1人ずつ診て回り、朝の状態をチェックします。

8:30-10:00 透析室で穿刺(せんし)処置

透析室でシャント穿刺処置を行います。透析用のカテーテルを中心静脈に挿入する処置などを、上級医の指導のもとで行うこともあります。

10:00-12:00 病棟業務

病棟をまわり、受け持ち患者さんの血液検査の結果を確認して、上級医と相談して内服薬や注射などを調整します。

12:00-13:00 同期や先輩と昼食等休憩

研修室にはちょっとした飲食スペースがあり、研修医の憩いの場となっています。

13:00-17:00 カンファレンス・病棟処置

受け持ち患者さんについてのプレゼンテーションを行い、今後の治療方針について熱心なディスカッションが繰り広げられます。

また、上級医とともに病棟患者さんのCVカテーテル挿入や化学療法などの処置を行います。

17:00-18:00 透析室で処置

透析の終了にともなう処置(抜針など)を行います。

18:00-19:00 夕方の回診

再び上級医とともに病棟患者さんの回診を行います。他の研修医が受け持ちの患者さんについても診て回ります。

19:00-帰宅

この記事はお役に立ちましたか?

お問い合わせはこちら