初期臨床研修の特徴

初期臨床研修の特徴

大分県立病院研修医の推移グラフ

当院は、昭和47年に臨床研修病院に指定され、研修医の受入れを行ってきました。

新制度の臨床研修が始まった平成16年度には5名の研修医が、令和2年度は34名(1年次20名、2年次14名)の研修医が当院での臨床研修に従事しています。
また、従前より自治医科大学の卒後臨床研修や大分大学医学部、九州大学医学部、長崎大学他から研修医の受入れを行っており、実績、指導体制も充実しております。

研修の様子

研修外の様子・活動

研修医室

同じフロアに隣接しており、研修医用仮眠室、シャワー室も完備しています。

この記事はお役に立ちましたか?

お問い合わせはこちら