NEWS & TOPICS

小児がんの子どもたちを支える「ゴールドリボンツリー」を飾っています

イベント

2020年02月12日

この情報の掲載期限は終了しました

大分県立病院では2月15日国際小児がんデーに合わせ、がんの子どもを守る会 九州北支部と共同でゴールドリボンツリーを飾り、小児がんのことを多くの人に知ってもらう取り組みを行っています(1階中央待合ホール、2月21日まで)。

 ゴールドリボンは、小児がんの子どもたちを支える活動のためのシンボルです。
 患者さんや来院された方に、金色のリボンを結んでいただくことで小児がんの子どもに思いを寄せていただき、小児がんに関する情報や知識の普及・啓発につながればと願っています。

 来院された際には小児がん撲滅の願いを込めて、ぜひツリーに金色のリボンを結んでください。

この記事はお役に立ちましたか?

お問い合わせはこちら