専門性とチーム医療

チーム内で活躍する看護師

NST(栄養サポートチーム)

摂食・嚥下障害認定看護師

NSTは、患者さん一人ひとりにあった栄養療法を行うために、医師をはじめ、看護師、薬剤師、栄養士、歯科医師・歯科衛生士、理学療法士、臨床検査技士など各分野の専門スタッフが協力して活動しています。摂食・嚥下障害看護認定看護師は、摂食嚥下チームの中で嚥下評価や訓練を担当するNSTサブチームの一員として、一人でも多くの患者さんが安全に経口摂取するための活動をしています。また、スタッフに対して、栄養管理や訓練についての研修会を開催して、看護ケアの質の向上を図っています。

RST(呼吸サポートチーム)

集中ケア認定看護師

一般病棟で人工呼吸器を使用している患者さんに安全で適切な人工呼吸器管理ができるように、毎週金曜日にラウンドをしています。
呼吸療法士の資格を持った看護師や専従リスクマネージャーである看護師もチームメンバーとして活動しており、人工呼吸器を装着した患者さんへの日々のケアやリハビリテーション、医療事故対策を受け持ち看護師にアドバイスしています。

ICT(感染対策チーム)

感染管理認定看護師

ICTは医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務職など他職種メンバーで構成されています。入院中の患者さんが感染症にかかることなく、安心して病気の治療に専念できるよう院内感染対策に取り組んでいます。伝播のリスクがある感染症が発症した場合、まず感染管理認定看護師が相談を受けることが多く、患者さんの療養環境や業務の流れを把握している看護師ならではの視点を活かし具体的な対策を掲げ、感染症の診療を担当する医師と共に検討します。他職種が関わるケースもあり、コーディネーターとしての役割も担っています。

緩和ケアチーム

がん看護専門看護師

緩和ケアチームの看護師として、患者さんやご家族と面談し、困っていることを具体的に把握します。それをもとに、主治医、担当看護師、緩和ケアチームが協力して適切な治療やケアを提供できるように調整しています。

褥瘡チーム

皮膚・排泄ケア認定看護師

院内発生・院外発生の褥瘡患者さんに対して、医師、看護師、栄養士とカンファレンスを行い、週1回の褥瘡回診を行っています。また、スタッフに対して褥瘡の研修会を開催し、看護ケアの統一と質の向上を図っています。

排尿ケアチーム

皮膚・排泄ケア認定看護師

私たち排尿ケアチームは、下部尿路機能障害を有する患者に対して、医師、看護師、理学療法士とカンファレンスを行い、週1回の回診を行っています。
また、専門的ケアについて、排尿ケアチームが学習会を開催し、看護の質の向上を図っています。

認知症ケアサポートチーム

認知症ケア認定看護師

認知症ケアチームでは、認知症の人や高齢者が安心して治療が受けられるように、医師、社会福祉士、管理栄養士、臨床心理士、薬剤師、理学療法士、作業療法士、看護師と連携し、毎週木曜日の15時からチームで活動を行っています。
それぞれの職種の専門性を活かし、病棟スタッフと協力しながら、認知症の症状の悪化を予防し、治療が受けられるようにするための環境を整え、その人らしい生活が継続できるようにサポートさせていただいています。