教育・キャリア支援

新人看護師研修

教育研修センターと看護部とで協力して、4月の第1週~2週に医師・看護師とコメディカルとの共同で新採用者研修を行っています。
院長講話、医療の倫理、公務員倫理、リスクマネジメント等の座学と接遇研修、採血・静脈注射などの基礎技術の演習を組み合わせて実践レベルまでサポートします。

プリセプター制の導入

  • 新人看護師1人に対してエルダーナース1人の指導体制をとっています。
  • 知識や技術など実践面、精神面のフォローにあたっています。
  • サブサポートナースやチーム全体のサポート体制もとっています。
  • 部署毎にエルダー会を1回/月程度開催し、振り返り等をおこなっています。
  • 中央でのエルダー会を3回/年開催し、指導体制等についての意見交換を行っています。

研修体制

平成29年度の看護部の目標として以下の項目の実現に向けて各委員会、セクションで取組んでいます。

  • 採用後1年間は、4月第1~2週の新採用者研修以降1ケ月に1回の中央での集合教育を取り入れています。新人間でお互いの近況報告や意見交換の場となるように、また精神的な支援ができるような場になるように開催をしています。
  • 教育委員を中心として新人教育体制の検討を重ね、各部署での教育に相違がないように調整・整備を行っています。
  • 看護技術については看護技術チェック表、手順書を配布し、到達度については3回/年の自己チェック・他者評価を行っています。
  • 1年間を3STEPに分け、到達すべき目標を明確にし、看護実践能力、マネジメント能力、人間関係能力、教育研究能力の4側面から到達度を評価していきます。
  • 院内中央での集合教育や各部署での教育、公務員としての教育研修、看護協会への研修参加を行いながら循環型教育を行っています。

一年間の新人看護師の歩み

臨床実践能力の評価