看護部のご紹介

看護部長あいさつ

 大分県立病院は、県民医療の基幹病院として、県民の安心・安全を医療で支え、継続して良質な医療を提供する役割を担っています。

 当院看護部では、「豊かな感性、誠実な心、主体的な行動」をモットーに自律した看護職の育成に取り組んでいます。近年では、ゲノム医療やロボット手術など高度医療も進んできています。時代のニーズに応じた専門性の高い看護職の育成も積極的に行っています。

 看護には、病いの影響で持てる力を発揮しにくい患者さんやご家族の力を高める役割があります。当院では、患者さんそれぞれの人生観や価値観、希望に寄り添うことを大切にしながら看護を実践しています。その上で、患者さんやご家族の力を高め、自律を支える支援として、多職種連携やチーム医療を推進し、質の高い看護の提供を目指しております。患者さんやご家族から「県病を選んで良かった。」と思って頂けるように職員一丸となって努力していきます。

 どうぞよろしくお願い致します。

副院長兼看護部長 小畑 絹代

この記事はお役に立ちましたか?

お問い合わせはこちら