もしも震度6強の地震が発生したら?!

看護部

2019年08月20日

8/3防災訓練を行いました。

こんな ↓ 状況でもしも、地震が発生したらどうする?という設定です。

今日は、災害システム(当院のリハビリ部長 井上先生が作成した画期的システム)を使っての机上訓練です。

まずは登院情報の入力から!

クロノロも随時更新されています。

患者調整班では、病棟からの第一報により患者状況をシートに記載しながら一方ではシステムに入力された情報とにらめっこ。

「なんか情報がちょっと違う?タイムラグ?入力場所を間違えてる??」

なんてワイワイ言いながら・・・

外来ブースを病棟に見立てて患者受け入れ訓練です。

「50人の受け入れ要請がきました!」

さあ、うまく受け入れができるか。

院長も看護部長も真剣です!!

新たな問題点もみんなで共有できました。

実際の災害時は訓練のようにはいかないと思いますが、この積み重ねが大事ですよね。

県立病院は災害拠点病院としての役割を果たすため、日々精進してまいります。