基本的臨床能力評価試験を受けました

県病研修医ちゃんねる

2019年01月29日

初期研修医の先生たちに基本的臨床能力評価試験というものを受けていただきました。

基本的臨床能力評価試験というのは日本の初期研修医がどの程度プライマリケアの知識をつけているかをつかもうとする試みで、厚生労働省の後押しをうけて、日本医療教育プログラム推進機構が行っているものです。

2018年は研修病院の45%、初期研修医の35%が受験しておりさらに広がる予定です。

大分県立病院では2019年1月26日土曜日の午前中に2時間かけていわゆるMultiple Choiceの問題を解いていただきましたが、なかなかに難易度が高く動画問題や英語問題もありました。

 

受験した研修医の皆さんは本当にお疲れ様でした。

なお、試験の結果は皆さんの評価とは全く何も関係ないのでご安心ください。

 

2019年1月 研修プログラム責任者 柴冨