特定行為研修~第5弾  physical examination

看護部

2020年12月07日

今日はフィジカルアセスメントの演習と実習でした。

午前中は演習でphysical examination・・・問診、視診、聴診、打診、触診

模擬事例です。患者さんが「胸が苦しい」と言っています。

さあ、その症状は「痛み」なのか、「息苦しい」のか、「締め付ける」のか

それによって鑑別診断は、急性心筋梗塞、急性大動脈解離、肺塞栓症、緊張性気胸などと違ってきます。

みんなで、討論しあいました。

午後はマネキンを使用した実習です。

その場で事例を渡され、physical examinationです。

たぶん普段はできているかもしれない視診や聴診でも手が震え、頭がパニックになりながら。

汗はダラダラ、頭はクラクラの一日でした。 😅

暑さの残る10月に開始した特定行為研修ですが、いつの間にかすっかり寒くなりました。

癒しの鶴見岳や由布岳も、いつの間にか冬支度をしているように見えます。

私たちは2月の筆記試験に向けて冬支度をしている暇もなく、日々の学びを再学習していきます!

この記事はお役に立ちましたか?

お問い合わせはこちら