17名の高校生が「1日看護師」に!

看護部

2019年05月23日

看護の日に関連したイベントをもう一つ紹介します。

5月22日に開催した「ふれあい看護体験」には、17名の高校生が参加し、1日看護師として病院見学や看護体験、病院スタッフと交流を深める経験をしてもらいました。

看護部長より、委嘱状を受け取り、さあ“1日看護師”のスタートです。

実際に、患者さんの薬を確認しました。間違えないように丁寧に行う姿は真剣です!

薬の名前って難しい~

先輩方の経験談を熱心に聞き、自分の夢を語ってくれました。

短い時間ですが、看護師を体験して、改めて看護師になる決意をした高校生も多かったようです。期待していますよ!

たくさんの経験をして疲れたとは思いますが、最後は笑顔で記念撮影です。

私たち県立病院のスタッフも、改めて初心にかえることができました。

素敵な高校生ばかりで、この出会いに感謝です。