看護研究発表会

看護部

2019年03月04日

1月26日(土)に院内看護研究発表会を開催しました。

寒い1日で、所によっては雪の降る天候に心配しましたが、無事に終了することができました。

インフルエンザ警報発令中の中、全員マスク姿での発表会となりました。

 

今回は、合計30演題の発表が行われました。

『外来看護師が入院患者と個別面談を行い、社会生活への支援につなげた』や、『NST介入時のCRPが高値で重症患者の場合は入院が長期化するため、早期からの廃用症候群予防が必要である』などの報告がありました。

初めての発表を経験した人、発表慣れした人などさまざまでしたが、発表者は質問もたくさん受けて、しっかり答えていました。

みなさん、お疲れさまでした☆

今後は、この研究の成果を次の研究へとつなげ、質の高い看護の提供を目指しましょう!