恒例の県病バザーで入院患者さんに楽しんでもらいました

看護部

2018年11月29日

毎年この時期に、職員が衣類や日用雑貨を持ち寄ってバザーを行っています。

このバザーは、入院患者さんに買い物を楽しんでいただくことを目的とし、収益金は当院の関係する患者会等に寄付しています。

値札が付いたままの洋服や箱に入ったままの寝具やタオル、アクセサリーなど、どれもとても質のいいものばかり(^^♪

看護部自治会の役員さんやボランティアの方の協力で、山盛りの提供品の仕分けがやっと終わり、クタクタ。

 

こ~んなにたくさんのバザー用品が集まったよ。

11/21 バザー当日

14:00からの開催でしたが、1時間前から集まってくださり30分前倒しでスタート。

大盛況でした!患者の皆様からは、「楽しかった」「安かった」「商品がいっぱいあった」と喜びの声をたくさんいただきました。

入院中の患者さんがホッとできる時間になったのではないかと思っています。

来年ももっと楽しい時間を過ごしてもらえるよう企画していきます!