車いすと歩行器をご利用ください

看護部

2021年10月19日

外来で転びやすいところってどこかわかりますか?

待合と廊下です。

「椅子から立ち上がるとき、力が抜けて、お尻をついた」

「検査に行く廊下の途中で転んだ」

「イスに足がひっかかった」

などなど・・・

なぜだと思いますか。

外来受診時の移動は、思っている以上に歩行距離が長くなり、意外に体は疲れていたりするんですよ。

だって、受付 → 採血室 → レントゲン室 → 診察室 とすすんだ場合、その歩行距離は・・・

なんと! なんと! なんと~!!

約375m(750歩)  にもなるんです。

 

これは、階段約3階分を昇る運動量に相当するんですよ~

だから、ちょっとした油断で転んでしまうのは何となくわかりますよね。

みなさ~ん、外来には車いすや歩行器が置いてあります。

遠慮なくどんどん使ってください。

新品も来ましたよ。ぜひぜひ使ってね♡

 

この記事はお役に立ちましたか?

お問い合わせはこちら