初めて精神科にかかる人向け

初めて精神科にかかる方へ

当センターでは、精神疾患の症状を診るだけでなく患者さんが家庭や職場で健康な気持ちで過ごせることを目標に日々の診療にあたっています。

精神的な不調は、それが病気なのか正常な心の悩みなのかが本人にも周りの人にも分かりづらく、受診すべきかどうか迷う方は多いでしょう。受診してひどい病気だと言われたらどうしよう、薬を飲んだら強い副作用が出るんじゃないだろうか、治らないに決まってるから受診してもしょうがない等々、精神科の受診には抵抗を感じるという方の話もよく聞きます。

病気であってもなくても、心の苦痛を感じている人は誰でも精神科に来て良いのです。病気ではなく人生の当たり前の悩みを抱えている方には、悩みへの助言をして2回目は来なくていいですよと言うこともあります。職場や家庭の強いストレスで苦しんでいる方には、ストレスの元になっている事が解決するように一緒に考えます。薬を飲んで安静にして回復を待ちましょうという治療ももちろんあります。

受診する方一人一人の症状、診断、原因を明らかにして、解決方法を提案するという意味では精神科も他の診療科も同じです。どうぞ、安心して受診して下さい。

気分障害、統合失調症、ストレス関連障害など精神疾患全般の外来診療を行っています。
また、身体疾患で入院中の方の不安、不眠などの症状緩和にも携わっています。
癲癇(てんかん)や睡眠障害では入院検査が必要な場合があります。

精神医療センターの外来では、原則として、かかりつけ医からの紹介による患者さんを診療します。詳しくは下記リンク先をご覧ください。

この記事はお役に立ちましたか?

お問い合わせはこちら