NEWS & TOPICS

「全国縦断がんサバイバー支援ウォーク」で垣添先生が来訪されました

来院される方へ

2018年02月20日

2月14日、公益財団法人日本対がん協会会長の垣添 忠生先生が、より多くの「がんサバイバー支援」を訴え、全国がんセンター協議会加盟の32病院をウォークされることになりました。2月5日に福岡県九州がんセンター、佐賀県医療センター好生館を経て、九州では3番目の訪問地として県立病院にいらっしゃいました!

県立病院では2月14日午前8時に到着され、リレーフォーライフ実行委員のメンバー、日本対がん協会大分県支部、県庁健康づくり支援課と当院の職員が多数集まり、垣添先生をお迎えしました。

8時半からは、豊声会の会長を始めがんサバイバーの皆さんが加わり、先生から今回の支援ウォークの趣旨を熱く講話して頂きました。

小児がん啓発用のゴールドリボンツリーにもゴールドリボンを結んでいただきました。

先生のサバイバー支援に対するお気持ちをしっかりと県立病院に残して次の目的地へご出発されました。お気をつけて!