病院概要

事業継続計画(BCP)

事業継続計画について

大規模な自然災害等に直面した際、病院機能を継続していくためには、医療従事者等資源の確保や病院施設及び設備の保全等が必要不可欠であり、また、病院の体制そのものを素早く「災害医療体制」に移行するだけでなく、その後、通常診療体制へ早期復旧を遂げることが要求されます。

事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)とは、大地震等の自然災害、感染症のまん延、テロ等の事件、大事故、電気・ガス等のライフラインやサプライチェーン(供給網)の途絶、突発的な経営環境の変化など不測の事態が発生しても、重要な事業を中断させない、または中断しても可能な限り短い期間で復旧させるための方針、体制、手順等を予め示した計画のことです。

大分県立病院では、平成30年7月に「大分県立病院事業継続計画(BCP)」を策定しました。
基幹災害拠点病院として、災害時に県民から求められる役割を果たせるよう、防災訓練の実施及び大規模地震時医療活動訓練の参加等により本計画の点検・検証・見直しを行う等、今後も引き続き本計画の持続的改善に取り組みます。

この記事はお役に立ちましたか?

お問い合わせはこちら